商品情報

  • 商品情報
無料ブログはココログ

2012年5月31日 (木)

高い血糖値を下げる為の食事療法



高血圧の症状改善でも効果が高い食事療法ですが、高血糖(血液の中のブドウ糖、グルコースが多い状態です)の症状改善でも食事療法は効果的な手段のひとつとなります。

それでは、高い血糖値を下げるための食事療法には、一体どういったものがあるのでしょう。

まず、1日に必要なエネルギー量を計算して、過食や偏った食事を避けるようにする事が大切です。

スナック菓子や甘いお菓子を食べ過ぎないことはもちろんですが、暑い季節には炭酸飲料(天然の炭酸水とレモン、ショウガなどで、手作りするとヘルシーですね)やジュースの飲み過ぎにも注意が必要です。

水分は、お茶やミネラルウォーターで摂取するように心掛けましょう。

バランスのとれた食事も大切です。

御飯や通常の食パンは甘くないからと、ついつい油断してしまいがちですが、白米や白パンを食べた後は血糖値が急速に上昇すると言われています。

主食には、雑穀米や雑穀パンを上手に取り入れるようにしましょう。

野菜や果物に含まれている食物繊維は、血糖値が急激に上がるのを予防してくれますので、たっぷりの野菜を摂るように心掛けます。

それに、肉より魚を多く摂取した方が、コレステロールの改善に繋がります。

もし、肉を食べる場合には、脂身の少ない肉を選ぶようにして下さい。

油の多い揚げ物などの食事をすると、血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が上がった状態が長く続きやすくなるみたいです。

体重増加にも繋がりますので、油分の多い食事は極力避けるようにすると良いでしょう。

日常の食事は、低カロリー、低脂肪のメニューを心掛けるようにし、血糖値を下げる努力をして下さいね。









"<PR> ・セルライトを解消するには? | 足を細くする方法!私はこれで足やせに成功しました!長生きする為の睡眠時間は? | 長生きの秘訣・健康維持させるには! "

2012年3月15日 (木)

高い血糖値を下げる薬には・・・



血糖値を下げる薬は、「血糖降下薬」と呼ばれています。

それでは、高い血糖値を下げる薬には一体どういったものがあるのでしょう。

まず、血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)を下げる薬の主な役割は、糖質の吸収を妨げたり、糖の代謝をうながしたり、インスリンの働きを高める事などです。

その時々の血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)の状況により、使う薬は異なりますが、大きく分けて4つの薬に分けられます。

・α-グルコシダーゼ阻害薬グルコバイ、ボグリボース(ベイスン)薬などです。

食後でなく、食前に服用する薬で、血糖降下薬の中では最も弱い薬になります。

食物繊維と似た感じの働きがあるため、糖の吸収を遅くして食後の血糖値(空腹時に80~100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)上昇を防いでくれます。

・インスリン抵抗性改善薬アクトス薬などです。

食前か食後に、1日1回服用する薬です。

直接インスリンに働きかける作用がある為、血糖値を下げる効果があります。

・スルフォニル尿素薬アマリール、パミルコン、オイグルコン、ダイアグリコ薬などです。

服用初期は1日1錠で効果が期待出来るのですが、徐々に効き目が悪くなり、量が増えていきます。

脾臓に働きかけて、インスリンを分泌させる効果があります。

・ビグアナイド薬メルビン、グリコラン、ジベトスB薬などです。

最近では、あまり処方されいない薬です。

食欲を減退させる為に、肥満の高血糖の場合に効果があります。

薬には副作用がつきものですので、可能であれば適度な運動と食事療法を上手に取り入れ、徐々に弱い薬へ移行出来るように努める事が重要になります。



2012年2月18日 (土)

血糖値を下げる効果がある漢方薬



血糖値を下げるためにインシュリンを注射したり、食事・運動療法を行っていると思いますが、血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)を下げる方法の一つとして、漢方薬を使う方法もあります。

インシュリン注射(最近の主流は、万年筆型の注射器で、手軽に持ち運ぶことができます)のように、急激に血糖値を下げたりすることは出来ないのですが、緩やかでも血糖値を下げることの出来る漢方薬があるのです。

例えば、血糖値が上がってしまう病気である糖尿病の患者さんにも、漢方薬を使っての治療はおこなわれています。

血糖値が上がってしまう事によって起こる手足のしびれや冷え、疲労感などを改善するために使用されていたり、糖尿病の合併症を予防するために使用されることが多いでしょう。

このように、直接的に血糖値を下げる効果的なわけではありませんが、漢方薬を飲むことで血糖値を少しずつ下げていったり、より良い状態を保つことは出来ます。

よく使われる漢方薬として、白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)や清心蓮子飲(せいしんれんしいん)という漢方薬があるのですが、これは血糖値が上がることによって起こる喉の渇きや手足のほてりなどに良いとされています。

糖尿病の初期症状として、トイレに行く回数が増えてしまったり、排尿障害を起こしたりすることがあります。

そういった時に処方されるのが、八味地黄丸(はちみじおうがん)や牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)です。

排尿障害の他にも、しびれなどに効果があると言われています。

しかし、全ての方に同じ漢方薬が処方されるわけではありません。

その人の生活習慣などによって、処方される漢方薬が変わってくるので、一度漢方薬局に行って、自分に合った漢方薬を処方してもらって下さい。









<PR> ・うつ病の原因について! | うつ病の治し方!うつ病を改善させるには?二重まぶたになりたい方!二重まぶたにする方法を教えています!

«血糖値を下げるツボ!